あまりよく知られていないキトサンサプリ選びのコツをご紹介!

キトサン博士
キトサンの原料カニとイカ
キトサンサプリを徹底比較!
腸内から健康維持!ダイエットにも効果のあるキトサンに注目!BESTキトサン  

実はあまりよく知られていないキトサンサプリ選びのコツをご紹介!

キトサンの効果効能と副作用!

「キトサン」というとダイエットのイメージが強いですよね。
ダイエット以外にも、コレステロール値のコントロール・血圧の正常化・免疫機能、治癒力の向上・腸内環境の整備など体の健康維持にも役立つことをご存知でしょうか?
本記事ではキトサンの効果効能と気になる副作用についてご紹介します。

キトサンの効果効能

キトサンの効果効能の画像

キトサンを一言で説明すると、カニ・エビの殻やイカの軟骨から抽出された食物繊維です。
食物繊維というと植物性が主ですが、キトサンは数少ない動物性食物繊維。+イオンを帯びていることが最大の特徴です。
プラスイオンが体内で活躍し、他の食物繊維に比べると体の変化を感じやすいと注目されています。効果効能を一覧にしてみましょう。

コレステロール値のコントロール

コレステロール値を下げる健康成分として、トクホが認証されているキトサンサプリもあります。そのメカニズムはこうです。
血中のコレステロールは肝臓で胆汁酸製造に使われます。胆汁酸は、小腸へ分泌された後、食事などで体内に入ってきたコレステロールと結合し血中内に運びこんだ後に肝臓に戻ってきます。

ここでプラスイオンを帯びたキトサンの登場です。
マイナスイオンを帯びた胆汁酸を吸着排泄されることで、体内胆汁酸が減少します。
こうして不足した胆汁酸を新たに作るためにコレステロールの消費量が増える=血中コレステロールの低下とともに、コレステロールの体内吸収の抑制と二重の効果によって、コレステロール値を下げるというわけです。

血圧の安定

血圧検査の画像食物繊維の中では珍しく、プラスイオンを持っていることによりマイナスイオンを持つ余分な塩分や脂質を吸着排泄。
血中塩分が少なくなるので、塩分を薄めようと血中の水分量が増えることもなく、血圧が安定します。

免疫機能の活性化

体を外的から守っている「マクロファージ」「NK細胞」「T細胞」など優良細胞を活性化させる効果があるとされています。

腸内環境を整える

免疫力の画像キトサンは通常の食物繊維以上に、腸内環境の整備が得意です。
プラスイオンの力で、体内に取り込まれた食品添加物・塩分・脂質・プリン体・有害物質・重金属・放射性物質などの有害物質を吸着しながら、水をふくんでカサを増し、グングン腸内を進みます。
ぜんどう運動が活発になり、腸内をキレイに掃除してくれるので、毎日、お腹をスッキリ保ちたい方におススメです。

デトックス・ダイエットに貢献

美肌の画像コレステロール値を安定させる他、有害物を体外に効率良く排出してくれるので体がクリーンになり、代謝が上がり、ダイエット効果の向上を目指せます。

動脈硬化・糖尿病・肥満など生活習慣病に

メタボな男の人の画像動脈硬化や糖尿病をはじめとする生活習慣病は、過剰コレステロールや高血圧、体内に溜まった老廃物が原因で引き起こされます。
キトサンには、これら全てにアプローチする力があるので、健やかな毎日を支えるための、最適な成分と言えるでしょう。

ガンの転移に応用できる可能性アリ!

元気な人の画像ガンは転移するため、治療が難しいと言われています。その点に注目したキトサンに関する研究報告が北大免疫科学研究所より発表されました。
ガンの移転がどうやって生じるのかというと、血液中に入ったガン細胞が血管壁表面の接着分子にくっついて細胞内に侵入します。
ここで、プラスイオンを持つキトサンが素早く、ガン細胞を見つけて取り囲めばどうでしょう?体が異物と認識できるくらいに目立ち、免疫構造に「これは有害物質だから侵入させちゃダメ」というサインを送れると言われています。

実際に動物実験の結果、その成果が確認されています。
http://www.drugsinfo.jp/2007/08/09
http://www.chitosanfile.com/kenkyuu05.html

キトサンに副作用ってあるの?

キトサンに副作用ってあるの?の画像

50年前に分かって入れば薬として販売されていたかもしれない…なんて言われるほどの効果が期待できるキトサン。
基本的にはキトサンを摂取しての副作用の報告はありませんが、キトサンの摂取を始めて不快な症状が出ることは報告されています。これは好転反応と言われる体が正常な状態に戻ろうとする際に一時的に起こる作用だと言われています。

発疹

キトサンは甲殻類由来のキチンを加工して生成されるケースが多いため、甲殻類アレルギーを持っていると痒みを伴う発疹などの症状を引き起こす可能性があります。そのため、甲殻類アレルギーを持っている方は控えることをおすすめします。

腹痛・下痢

キトサンは食物繊維なので、胃の弱い方が摂取しすぎるとお腹の調子を壊し腹痛・下痢に繋がる可能性があります。

便秘

水分保持力が強いため、水分が不足すると便が硬くなることがあります。

倦怠感…他

キトサンを摂取してから何だか体の調子が悪くなる

アレルギーなど体に合わないことから生じるケースもありますが、その多くは体が良い方向に傾く前兆=好転反応として倦怠感・肌荒れ・頭痛・発汗・便秘・下痢・目ヤニ・発熱・吐き気などの症状が生じることもあります。
好転反応であれば2、3日から1週間程度で収まるケースがほとんどなので、様子を見ましょう。
http://www.kanikara.jp/content/column15.html

まとめ

キトサンの効果効能は、誰もが気になる健康に関するお悩みの全てに応えてくれると言っても過言ではないかも知れません。
気になる健康効果があった方、将来のためにも健康をしっかり考えていきたい方、キトサンを役立ててみてはどうでしょうか?
摂取の際には、必ずアレルギーの有無や薬との飲み合わせに注意して、安全に健康維持を図っていきたいものですね。