あまりよく知られていないキトサンサプリ選びのコツをご紹介!

キトサン博士
キトサンの原料カニとイカ
キトサンサプリを徹底比較!
腸内から健康維持!ダイエットにも効果のあるキトサンに注目!BESTキトサン  

実はあまりよく知られていないキトサンサプリ選びのコツをご紹介!

キトサンの分子量による違い?

キトサンには、α型・β型・γ型と三種類が存在することはご説明しましたが、キトサンで最も大事なのが分子量だと思います。
この分子量によってキトサンの機能性は分かれてきます。そこで、ここではキトサンの分子量についてご説明したいと思います。
キトサンの分子量には「高分子」「中分子」「低分子」「超低分子(オリゴ糖)」「グルコサミン」と約五種類に分類されます。
では、それぞれの特徴も踏まえキトサンサプリを選ぶ際のポイントを説明しましょう。

高分子キトサンとは?

カニのイラスト画像 高分子キトサンと言われるキトサンは分子量が10万分子以上の物を指します。高分子キトサンが、従来キトサンの持つ吸着排泄効果を最大限に発揮すると考えられています。

分子量も10万分子以上から高分子と言われますが、この分子量も高い程(100万分子以上)に効果を発揮するとも言われていますし、100万分子以上の高分子キトサンは、新鮮な原料からしか抽出することは出来ません。キトサンを選ぶ際に分子量をしっかりと謳っている商品を選ぶことをお勧めします。

中分子キトサンとは?

中分子キトサンと言われるキトサンの分子量は基本的に1万分子以上、10万分子未満の物を指します。

低分子キトサンと超低分子キトサン(キトサンオリゴ糖)とは?

低分子キトサンと言われるキトサンは分子量が1万分子以下の物を指します。

低分子キトサンとならんで水溶性キトサンと言われるキトサンもありますが、水に溶ける=体内に吸収という考えは間違っています。基本、人間はキトサンを分解する消化酵素を持ちませんからキトサンでも単糖類であるグルコサミンまで分子量を落とさなければ吸収されるのは非常に困難なのです。

基本、キトサンの持つ機能は水溶性では低下してしまうと言われています。 しかし、低分子でも超低分子のキトサンオリゴ糖(2000分子以下になると、NK細胞・T細胞に対する活性化効果や腸内環境を整える上で重要な善玉菌のエサとなり活性化させるなどの効果が認められた研究結果も報告されています。

グルコサミンとは?

これは、みなさんご存知の成分ですね。低分子キトサンをさらに分解し、単糖類まで分解した成分です。

結論として、キトサンを選ぶ際には分子量を謳っている商品を選ぶことと、その分子量も中途半端な物ではなく、高分子なら100万分子以上、低分子なら2,000分子以下の商品を選ぶことをお勧めします。

高分子・低分子 同時に摂取することが理想的!

キトサンには、高分子キトサン、低分子キトサン、それぞれの効果効能があります。どちらかを選んで摂取してみて、自分に合う方を選ぶことも一つの方法ですが、どうせなら高分子・低分子ともに一緒に摂取した方がより高い効果が得られるのでお勧めです!

女性イラスト 画像そこで、キトサンサプリメントを選ぶ時に数ある商品の中に、超高分子キトサン(100万分子以上)と超低分子のキトサンオリゴ糖(2,000分子以下)を一緒に配合している商品もありますよ。

なによりも、商品の成分内容と配合量、それに継続的に飲み続ける為にも大切な価格を見比べて自分に合ったキトサンサプリメントを選びましょう! そしてキトサンで腸内環境を整え本当の健康を手にしましょう!

 

第1位 カニから高分子

1位カニから高分子 詳細をチェック

第2位 ココロ 水溶性キトサン

2位水溶性キトサン 詳細をチェック

第3位 IC-β100

3位ICベータ 詳細をチェック

第4位 バイオキトサン

4位バイオキトサン 詳細をチェック

第5位 小林製薬 キトサン

5位小林製薬 キトサン 詳細をチェック

第6位 わかさのキチン・キトサン

6位わかさのキチン・キトサン 詳細をチェック